| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワークについての基本

パッチワークって、女の子は必ずと言っていいほど
興味を持つ作品ですよね。
すばらしいパッチワーク作品に出会うと、
とても自分でも作ってみたくなりますからね。
女性のあこがれでもあります。
そのパッチワークについて、書いていきます、
参考になれば嬉しいです。

パッチワークとは、小さな布片を縫い合わせて、1枚の大きな布にして
作品を作る手芸です。

本来のパッチワークの目的は、
布を無駄なく大切に使うことで、考えられました。

パッチワークは、古くなった布の使える部分と他の布を縫い合わせて、
新しい布として使うリサイクル方法の一つだったのです。
パッチワークの色や模様の組み合わせは、
次第に芸術的になり、現在のパッチワークの元になるんですね。

また綿、裏布と3層に合わせてキルティングしたものをパッチワーク・キルトといいます。

もともとは、開拓時代のアメリカで始まり、
当時、パッチワークのパターンにそれぞれ名前が付けられましたが、
これは南北戦争の逃亡者を助ける印だったともいわれています。

古代エジプト、十字軍、アメリカの開拓移民から始まったパッチワークは、
現代では、大きな生地をパッチワークのために
細かく裁断して使うという贅沢な趣味の手芸になりました。

パッチワークの起源を考えると、なんだかもったいないような気もします。

でも、パッチワークは手間と時間をかけた分、
愛着の持てる作品に仕上がるため、女性に根強い人気があるのです。

パッチワークが上手くできない人のために、
いろんな地域でパッチワーク教室も開かれています。

自分の作ったパッチワーク作品をみてもらったり、
他の人が作ったパッチワーク作品をみせてもらうのも、勉強になるでしょう。

パッチワークは根気とやる気があれば、誰でも始められます。

最初から大きなパッチワーク作品を作ろうとすると
飽きてしまうかもしれないので、
鍋敷き、コースターなど小さなパッチワーク作品から始めて、
ちょっとずつ大きなパッチワーク作品を作ってみてください。

ベットカバーを作ったことがありますが
ホント時間はかかるし、なにより根気が必要ですね、もちろん時間も。

誰でも気楽に始められるパッチワークです、
まずは小さな作品から手掛けてみましょう。
パッチワークはお金をかけずに、
時間がある時に気軽に継続していくのが
長続きするのではないでしょうか?

スポンサーサイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。