| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワークの作り方

パッチワークの作り方って言っても、簡単です。
もう根気だけ、ですね。継続が何よりのポイントです。
途中で投げ出さないように、
まずは小さなものから挑戦しましょう。

パッチワーク作り方を紹介したいと思います。

パッチワーク作り方は、まず、布と型紙を用意してください。

型紙は文房具店で売られているトレーシングペーパーが最適です。

今はインターネットサイトで無料配布されているパッチワーク型紙があり
気楽にできますよね。細かい作り方まで書いてあるので
利用しましょう。

本屋さんに行けば、いろいろなパッチワークの本があります。
本にはパッチワーク型紙がついていますのでそれを使用できます。
素敵なイラスト入りですのでイメージも湧いてきます。

布は手芸屋さんでパッチワーク用に小さく切られた
カットクロスという布を使うと、初心者でもパッチワークを作りやすいでしょう。


パッチワーク用の布は、表面の糊を取るために水洗いします。

色が濃い布は、色落ちの可能性があるので、特に念入りに洗ってください。

水で洗うことで、針通りもよくなり、縫いやすくなります。

洗剤を入れたい時は、おしゃれ着用の洗剤をほんのちょっぴり入れるのです。

布が半分乾いた状態でアイロンをかけて、しわを伸ばして乾かします。

布の裏に型紙を置いたら、ラインをひいて、
ラインから7ミリ程度の縫い代を残して裁断するのです。

ラインを合わせて待ち針で止めたら、
ミシンや手縫いで縫って、布を繋ぎ合わせてください。

縫い代にアイロンをかけて、片倒しになるように縫い代を倒したら、
ひたすら縫う作業を繰り返します。

一枚布にする作業が完成したら、キルト綿をはぎ合わせて、
裏布をつけて、しっかりとしつけをかけるのです。

仕上げをしたらパッチワークキルトの完成になります。

ものすごく簡単な作り方の説明でしたが、
実際に作る時には、
作りたいパッチワーク作品の作り方を調べて作ってください。

パッチワーク作品によっても、作り方は違ってきます。

可愛いわが子のために作るとか、
愛する人にプレゼントとか
目的があればなおさら続けられると思います。

素敵なイラスト入りの作品をみて、
イメージをふくらませ、
同じような作品ができた時の達成感はなんともいえませんよ!


スポンサーサイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。