パッチワークポーチ| ホーム | パッチワークタペストリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワークパターン

パッチワークパターンには、
それぞれ名前がつけられています。

インディアンの広場やオール・カインズ 、
秘密結社のきずな、悪魔の爪、当たりとはずれなどです。

パッチワークパターンをみると、
名前のイメージ通りというデザインや
名前の由来をきかないとよくわからないものまで、
色々なパターンがあります。

パッチワークパターンは、南北戦争の頃には、
暗号として使われたという説もあるので、
もしかしたら、パターンと名前があまり一致しないものや
不思議な名前のものには、
何か隠された意味があるのかもしれません。

それぞれのパッチワークパターンの名前の由来を知るだけでも、
歴史と文化を感じることができるでしょう。

戦争をモチーフにしたもの、植物、星や蝶、鳥や動物の足跡など、
いろいろなものがパッチワークパターンとして表現されています。

特に、友情のきずな、
モクレンのつぼみ、
おばあちゃんの花園と名付けられたパッチワークパターンは、
本当に芸術的な美しさです。

同じデザインでも、
配色を変えると印象ががらりと変わるのにも驚かされました。

さらに、誕生日に合わせたパッチワークパターンまであるのです。

これもいくつか違うパターンのデザインがあるので、
自分の誕生日がどんなデザインなのか、
なんていう名前がついているのか、調べてみるのも面白いと思います。

パッチワークパターンの本やデジタル型紙などを使えば、
実際に、気に入ったパターンで、パッチワークを作ってみることもできるのです。

パターンよって難易度も様々ですから、
最初は簡単そうなパターンから試してみるといいでしょう。

ログキャビン
アメリカの開拓時代の家の木組みのような柄になる
パイナップル
縫い上げたパターンのぎざぎざの形が、パイナップルに似ている

パッチワークパターンはいろいろありますが、
名前の由来も調べると、おもしろいものです。

配色の違いで全く違って見えるので、
これもまた、楽しいですね。




パッチワークポーチ| ホーム | パッチワークタペストリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。