クロスステッチの初心者| ホーム | フリーチャート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスステッチの刺し方


どちらが上に来るかで違いますが、

クロスステッチの刺し方には、
イギリス式とフランス式があります。

その違いは針を手前に出すかどうかです。

イギリス式が手前、フランス式が逆になります。

これは、試してみて、
自分のやりやすい方を選べばよいでしょう。

まず、針に糸を通すところから始まりますが、
糸が普通のものより少し太めのものを使うこともあるので、
通りにくいかもしれません。

その時は、糸を通す道具を使いましょう。

注意点は、ここで糸をなめたりしないことです。

クロスステッチでは、
結び目を作らずに、
はじめと終わりは裏の刺し終わった糸にからませて切ります。

そして、刺した刺繍の糸が上になる方を統一します。

上からでも下からでもどちらでもよいのですが、
統一するということだけは守ってください。

それから、一つずつクロス(×)を完成させていく方法と、
上から下への線を「/」として、
最初に「/」の部分をいくつか縫ってから
「\」を縫っていくという方法の二通りがあります。


これもどちらでもよいでしょう。

ポイントとして、刺し終わりは、
1回転させてとめるとほどけにくくなります。

また、離れた所を指すときは刺し
終わりの糸に絡ませながら行きましょう。

もし、とても遠いところから始める場合は、
糸をいったん終わりにしてまた刺し始めましょう。

こんな風に言葉だけで説明すると
ちょっとわかりにくいのですが、
インターネットで検索したり、
本で調べて図を見れば、
そんなに難しいものではないことが
すぐにわかると思います。

ネットはホント便利ですよね。



クロスステッチの初心者| ホーム | フリーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。