パッチワークの作り方| ホーム | パッチワークについての基本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワークキルトの存在感

私が作っていたパッチワークはほとんどパッチワークキルトが多かったですね。
ボリュームもあり、存在感もあり可愛く仕上がります。
ただ、手縫いだと長時間続けていると手が痛くなりました。

パッチワークキルトとは、表布、綿、裏布と3層に合わせてキルティングしたものです。
パッチワークキルトのパターンには、数千種類以上あるといわれています。

斉藤謠子さんって、知ってますか?
キルト作家で超有名な方ですが、
斉藤謠子さんのデザインしたパターンがまた人気なんです。

斉藤謠子さんは、
パッチワークキルト専門店キルトパーティという通販サイトを主催しています。
こちらです
http://www.quilt.co.jp/

この通販サイトでは、パッチワークに必要な布や道具はもちろん、
斉藤謠子さんの本や東京国際キルトフェスティバルの前売券も購入することができるのです。

また、パッチワークキルトの通信講座やパッチワーク教室なども開催しています。

初めてパッチワークキルトを作る時には、
25センチの正方形くらいのミニキルトから始めるといいでしょう。

なんでもいいんです、鍋敷き、フォトフレーム、レターケースと
小さい作品から作るのがポイント。

コースター程度のミニキルトなら、楽しみながら作れると思います。
自分であれこれパッチワークキルトのパターンを考えて作るのも、とても楽しいものです。

ミニキルトに慣れてきたら、
クッションカバーやバッグなどの大きなものに
挑戦したくなるんですよね。

パッチワークキルトの本を参考にチャレンジしてみてもいいでしょうし、
パッチワークキルト教室に通って、
本格的にパッチワークキルトを始めるのもいいかも。

パッチワークキルトの世界は奥が深いですから、
きっと一生ものの趣味になると思います。

パッチワークキルト教室に通えば、同じ趣味の友達ができるのも嬉しいですね。

パッチワークキルト講師の資格を取れる講座もいくつかあります。

でも講師のセンスや技術がいろいろで
パッチワークキルト講師の資格を取るにも自分に合った講座選びが必要です。

でも、教室に通う方は資格にこだわらず、
趣味のコースを選ぶ方も多いみたいです。

パッチワークキルトって奥が深いんですよね、
たかがパッチワークキルトですが
芸術作品にも仕上がるんですね。

ヒマができたら、是非挑戦してほしい手芸です。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

パッチワークの作り方| ホーム | パッチワークについての基本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。